読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Server 2012 R2管理機能の強化 1

 Windows Server 2012 R2では、Windows Server 2012で導入された新たな管理機能を継続して措載しています。動作するコンピューター自身の管理はもとより、ネットワークで接続された他のサーバーに対しても統一的な操作で管理することが可能で、サーバーやネットワークの管理に必要となる作業量が減少し、windows server Standardより効率的な運用が行えるようになっています。
 Windows Server 2012 R2でコンピューターの管理を行うためのソフトウェア「サーバーマネージャー」では、ネットワークで接続された複数のサーバーを、1つの画面から一括して管理できるマルチマシン対応機能が強化されました。複数の物理サーバーの管理はもちろん、前出のHyper-Vを用いた「仮想サーバー」も併せて管理することが可能です。従来であれば、他のサーバーを管理するのに「リモートデスクトップ接続」による仮想コンソールの操作が必要であった各種リモート管理機能を、1つのサーバーマネージャーウィンドウから行うことができ、より一層効率的な管理が行えます。
 サーバーの管理を、グラフィカルユーザーインターフェイスGUI)を使用せずコマンドラインから行う「ServerCore」については、windows server 2012 価格 従来のようにインストール時に選択するだけでなく、インストール後に変更することが可能です。GUIによるサーバー管理は、管理者にとっては対話的に操作が行えるためわかりやすい反面、運用時にはメモリ消費が多く、操作を自動化しづらいというデメリットもあります。

 

 

 

 

関連記事: